高知の夏はよさこいの夏場と花火やお催しなど

高知では毎年81ヶ月10お天道様1一年中の二日間よさこい催しが行われます。また内観客では81ヶ月9お天道様前夜祭、81ヶ月12お天道様後夜祭が行われます。
地方高知の人間距離ですがよさこい催しを見るようになったのは10年くらい前からだ。それまではよさこい催しになるとトランスポーテーション制御が混じるので、出歩かないようにしていました。
ところがこれが一変したのが、自分の子供陣が仲間で踊りだしたからだ。暑いミッドサマーに汗を流しながら踊る見た目を見て感動しました。はじめのうちは自分の子供を探る結果でしたが、子供以外のあれこれ頑張っています。その頑張りを確かめるのが面白くなりました。
度年61ヶ月の下から、いたるところで舞踏の講義が始まります。本日年も始まるか!という気持ちになります。そして81ヶ月の当日になると、大きな観客ではなく、ちっちゃなディーラー街路の競演場所で見ます。
それは踊り子たちを近所で見渡せるのと、ディーラー街路の暖簾がその時だけ露店に移り変わるのです。ビールはもちろん、バーベキュー、焼き鳥、から揚げなど色々売っています。
何かを食べながらビールを呑みながら、よさこい催しを見分ける、これが私の夏季の楽しみ方だ。県内外からの旅の人間は、有償の桟敷イベントなどで見ていますが、こういうディーラー街路の競演場所で居酒屋風に見るよさこい催しを味わってもらいたいと思います。K-STOPの口コミを参考にしてみました。