私の片思いで付き合った家内について

あたいは4才年下の人間と付き合っていました。コンタクトは亭主が私のパート先に登用してきたことです。年末日の忘年会前に亭主の方から「お酒飲みたいなら送迎行なうよ、未成年なんで」と誘われたんです。お酒を呑みたかったあたいは、幸せ!と願い亭主に送り迎えを頼みました。忘年会当日、亭主とはたまたま座席が横になりこの時初めて隠し立ての話をしました。意外にもアニメが贔屓という共通の嗜好があり、それがきっかけで仲良くなりました。忘年会の先々、2人間だけでカラオケに赴きアニメだけでなく過去の色恋や商いのことなどたくさん話をして、一気にギャップが縮まりました。この時、私のの場合で亭主のyesが強敵大きくなり考えになるyesとなりました。その日以降、職場の人間には内緒で2人間で会うようになりました。周囲に黙っていたのは双方みたいしようと決めた訳ではなく、自然とそうなっただけだ。何度もデートをしましたが、亭主は私のことを職場の先輩としか見ていないことはわかっていたので諦めていたんです。それでも、付き合えなくても気持ちは伝えようとたまたま電話していたら伝えました。結果は「9割薄い」とはっきり言われてしまいました。それでも、これからも気の知れた友人として会おうと言ってくれて、後照れくさい関係にならなかったので良かったです。この時は本当にそう思っていました。それからも以前と変わらず2人間で会い、お互いの住まいも行き来するようになりました。ある日、亭主の住まいにお邪魔したら突然「付き合ってあげてもいいですよ」と言われたんです。なんで前述からです!と思いつつ、心のの場合はハテナでいっぱいでした。なぜなら、私のことは好きじゃないけど年前述と付き合ってみたいし、好ましくなくは薄い、もしかしたら好きに生まれ変われるかもしれない、と言われたからだ。そんな理由で付き合うのか、あたいはそれでいいのか、とかなり葛藤しました。なかなか返信を取り止めるあたいに亭主が「付き合いたいか、付き合いたくないかですよ!」と言われ「付き合いたい」と返信をし、交流することになりました。それからは、亭主のためにかなりがんばりました。少なく好きになってもらえるみたい、ファッションやヘアースタイリングを亭主の好みに変えたり、突然会おうといわれても断らずに会いに行ったり。始めは多少の私情も、亭主が好きだから、好きになってほしいから、と我慢していました。びっくりでギフトをくれたり、嬉しいことをいっぱいしてくれましたが、それ以上に亭主の私情がひどくなり、私も根気の限界になってきました。妻ではなく都合のいい夫人にされていると感じたんです。結局、亭主は私のことを好きになれず、あたいは亭主の私情に耐え切れず離れることになりました。亭主と付き合った内容はあったのか、付き合わなければ良かったのでは、と今は後悔しています。セルノートの最安値はここです。