人一切それぞれに子育て方針というのは考えている

何才からこれをさせる。何才だからまだできない。まだ、分からないから。というテーマを捨ててます。台所専門ドアは階級に付けてます。台所な自由に入って来る。だからと言って、まずい件、してはいけない事はその時の方々で回避決める。もちろん、養育なので、辛抱が勝った方が勝利!なので、辛抱著しくは要ります。具体的な例を出すと、ハイハイやお座りし始めると、女の子追いが始まりますよね。台所にいく季節だ!遊び座席を敷きます。ザルを二つ置いてその前に座らせレタスを持たせて目の前でちぎってポイを繰り返しみせて取りかかりたら、横目で見ながら夕飯の下ごしらえ。著しいのが、ポイの方に入ってたら、それは素材のザルにサッと戻します。飽きたら作戦を洗って好きなオモチャゾーンに行きます。サラダの出来上がりだ。次は変わりドアを開けて差し出すオーマイガット!の時がありますよね。気持ちになるドアは大抵決まってませんか?そのの場合から触っては行けない物を先に出して見えない所に隠します。ドアを開けて押し出す、押し出す。横目で見ながら空になるか、の場合から1つの物に期待を引き出したら、女の子のスタート。「上手なにナイナイできるかな?」「どれをナイナイする?」持ったら「うん、ここにナイナイ」後は、誉めながら増やす。さすがに、ドア開けは身辺続きますので、同じ事をドアにあきるまで辛抱試合!開けなくなる頃には、の場合はスッキリ片付けられてます。女の子の辛抱勝利!洗濯雑貨も子供のつまらないハンド手拭いをたたんで重ねたたんで積み重ねを繰り返しみせて引き取りたら多少にかかわらずグチャグチャだったりするけど、出来上がり。こういう3つのコツは、抱っこ時分に見せておいたり、女の子がなおしてる時は「ナイナイ」と済むながら、耳から先に覚えさせておくと速いかな?次は外部、作戦を離して走り回りたがるときはひたすら次についてあるく。石や虫(害が弱いアリ周辺)いじりたいだけ触らせます。見せたいだけ見せます。口に入れようとしたら、「汚いよ」とすぐ吸い上げ「これは、何かな?」と気持ちを反らせます。砂遊びも同じく危なっかしくない。汚い物以上好きな様に。但し、後はすぐにお銭湯!扉所で脱がせないとオムツのの場合まで砂まみれ。辛抱!後はやってはいけない件、何才になってもやってはいけない事は分から無いうちから躾ます。食卓にアクセスを上げたらすぐ知らん顔でパチンたたく。ごはんの場合、立とうとしたら腰領域を甘く控えると自然と腰掛けるので、すぐ口に入れたり、メニューに気持ちをひきます。これは、ゼロ才になるまでにやってみた事です。子供は物真似をしすぐ覚えます。後は、根気だ。わたしのきまり