あり得ない!と思ってしまった私の色恋気持ち

ボクには、高校生を卒業した後、大学生となり、長距離恋をしていた彼氏がいました。その彼氏は、とても私のことを大切に思っていてくれました。しかし、規定している時はがたつと、私の彼氏に対する心境が薄れていきました。というのも、おんなじユニバーシティに通っていた同級生の男子に色恋に落ちてしまったからだ。その男子とは、ユニバーシティに入学してからすぐ、ラインをするようになりました。「可愛らしい。」「私さ、○○○様のタイミング、すきですわ」そう言われたのは、入学してわずか2ウィーク目のことでした。そうして、ボクはその彼氏と付き合うようになったのです。長距離恋をしていた彼氏には、はっきりとその旨を話し、謝り、離れました。真新しい交際がはじまり、1か1箇月間はとても楽しかっただ。が、2か1箇月目に入り、彼氏のボクに対する仕業がそっけなくなっていきました。「振られる。」心得しました。そのウィーク後述、別れを報じられました。「なんで?」と聞くと、「実習でせわしないから」とのタイミング。ボクはその言葉を信じませんでしたが、正式に離れることになりました。別れてから数ウィーク後述、驚くべき実績を耳にしました。彼氏には、2人の乳幼児がいたのです。また、女房と呼んでいた婦人もいっぱいいたのです。18才。そんな男性の人に出会ったのは、初めての事例でした。エタラビで全身脱毛するには?